ビジネスマナーガイド 

マナー<上流階級へのインビテーション>

社会人として当然知っていなければならない仕事の基本ルールを説明します。知っているようで知らないビジネスマナーを確認してください。

サイトマップ

飲食接待|接待のルール

飲み過ぎと席次に注意 楽しい席となる話題を

飲食接待をする側のルール

・店を予約し、下見をしておく



お店は接待日が決まったらすぐに予約します。

事前の下見を行い、人数、予算に見合う値段や支払い方法(カードの利用が可能かなど)をチェックしましょう。

・相手の好みを調べておく

生魚が食べられない相手なのにお寿司や刺身を頼んでしまった、などという事がないよう、メニューの予約などが必要な場合は相手の好き嫌いを調べておきましょう。

・席次に注意を払う

和食、洋食、中華のいずれも席次があります。

どこに誰に座ってもらうか、どうしたら気持ちよく会食できるかなどに配慮し、接待する側は下座につきましょう。

・酒を飲み過ぎない

飲食接待にお酒はつきものですが、接待する側が飲み過ぎてつぶれてしまうのは自覚が足りないと言えます。

・おみやげやタクシーを手配する

帰り際になって、お土産がない、タクシーが拾えない、という事にならないようにあらかじめ準備します。

お土産がある場合は、人数分あるかどうかをチェックしてお店に伝えておきます。

タクシーについてはお開きの時間が近づいたらお店に手配を頼むようにします。

・手持ちのお金が足りなくなった時

自分が招待した接待ですが、思った以上に話がはずみ、先方の知っているお店に連れてってもらう事になりました。

しかし、予想外のことで手持ちの現金が足りず、また、自分の持っているクレジットカードが使えないお店ということがあります。

そういう場合、上司の自宅に電話して相談する、その店の責任者に事情を話し、会社宛に請求書を送ってもらうなど、上手に頼み込むことが考えられます。

ただし、これは緊急時に大切な顧客が相手という場合です。

こういう事態にならないよう、接待の時は金銭的にも事前の準備をしましょう。


飲食接待される側のルール

・一杯目は必ず飲む

料亭などで葉、杯のやりとり(献酬)をします。お酒が苦手な人でも一杯目は必ず受け、口をつけます。

・飲み過ぎない

接待される立場という意識を持ち、飲み食いはほどほどにしましょう。

・仕事の話については要注意

酒の勢いで気分がハイになり、相手の申し出に何でも応じてしまうかもしれませんが、間違いやトラブルを生みだす原因になるので注意しましょう。

・接待する側の気持ちをくむ

仕事上のミスに対するお詫びという形での接待なら仕事の話には深入りせず、もし、仕事の話になっても今後の対応など、前向きな話をするように。

接待する側の意図を十分にくみ取り、相手にも自分にも、しこりが残らない席にしたいものです。

・お礼はきちんとする

お礼は席を設けた先方にはもちろん、お店の店員さんにも「ごちそうさまでした」とひと言述べることが大切です。

ビジネスマンとして、このようなマナーが自然と身についてくれば大したものです。

後日、先方にもお礼の電話を入れましょう。

ワンランク上の人間力を習得するための海外マナー大全集
ビジネスマンのルール
職場のルール
仕事のルール
人間関係のルール
接待のルール
接待する側の基本
接待される側の基本
接待の断り方
飲食接待
席次
食事
パーティーの主催者側
パーティーに出席する時
ゴルフ接待
カラオケ接待
マージャン接待
アイデア接待
外国人の接待
贈りものを贈る側
贈りものを受け取る側
金銭支払い
領収書
ある商品で爆発的に利益を出すハイパービジネス
リンク集
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法
最効率化ビジネス量産戦術
【NHKで放映】ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
ローン 安心








































































ビジネスマナーガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。