ビジネスマナーガイド 

マナー<上流階級へのインビテーション>

社会人として当然知っていなければならない仕事の基本ルールを説明します。知っているようで知らないビジネスマナーを確認してください。

サイトマップ

贈りものを贈る側|接待のルール

タイミングを逃さない 心のこもった品物を選ぶ

「贈り上手は仕事上手」と言われることがあります。



特に、営業担当など、外部と接する機会が多い人は、タイミングを逃さずに相手が喜ぶ品物を贈ることで、ビジネスチャンスもグッと広がります。

贈りもののルール

・贈り物は感謝の気持ちの表現

「先日はありがとうございました」「今後もよろしくお願いします」など、相手に対してお礼の気持ちを形にしたものが贈りものです。

・タイミングよく贈る

新しい取引先や顧客を紹介してもらうなど、特にお世話になった人にはすぐに贈りものをします。

タイミングを逃すと、嫌らしい印象を与えてしまいかねないので注意しましょう。

また、新工場や新社屋の完成、新支店の開設時にもお祝い品を届けましょう。

・会社の規定に従う

贈りものについて規定をしていることがあります。

予算など、規定から外れないように注意しましょう。

・品物は安すぎず高すぎず

高額な金品を贈るのも不自然ですし、会社の規定を踏まえた上で、常識的な範囲の予算で品物を準備しましょう。

・心のこもった品物を選ぶ

贈られた人が喜ぶものを選びましょう。

安いものでも、相手を思って選んだ品物ならきっと相手も喜んでくれます。

・手紙を贈る

業者から直接先方に届けてもらう時は、発送日を確認して、別に手紙を送りましょう。

お中元・お歳暮のルール

・時期をはずさない

お中元

関東では6月末日〜7月15日頃まで。関西では1ヶ月遅れが普通です。

シーズンに合わせて贈るようにしましょう。

お中元の時期を過ぎてから贈る場合は「暑中お見舞い」として扱います。

お歳暮

12月初旬〜クリスマスまで。

お歳暮の時期を過ぎたら「クリスマス・プレゼント」として贈ることもできますが、時期にほとんど変わりがないので12月初旬に贈るのがベターでしょう。

・贈り先に漏れがないように

贈り先は、新規の顧客や取引先だけではありません。

毎年贈っている先でも、贈り忘れがないようにリストを作成し、チェックしましょう。

・品物の選び方

会社宛に贈るものは、日持ちするもので、多人数で分けられるものが良いでしょう。

仕事で直接の付き合いがあり、格別にお世話になっている人や個人に贈る場合は自宅に贈ります。

その場合は相手の家族も喜ぶようなものを選びましょう。

好評であれば次年度の参考にしましょう。

・機械的にならないように注意する

お中元・お歳暮ともの毎年会社から贈ることになります。ほとんどは業者から直接贈りますが。

配送ミスが無いようにチェックしたり、配送に合わせてあいさつ状を送ったりと、機械的にならないような配慮が必要です。

会社によっては贈りものの慣習を中止している場合がありますので、注意しましょう。

ワンランク上の人間力を習得するための海外マナー大全集
ビジネスマンのルール
職場のルール
仕事のルール
人間関係のルール
接待のルール
接待する側の基本
接待される側の基本
接待の断り方
飲食接待
席次
食事
パーティーの主催者側
パーティーに出席する時
ゴルフ接待
カラオケ接待
マージャン接待
アイデア接待
外国人の接待
贈りものを贈る側
贈りものを受け取る側
金銭支払い
領収書
ある商品で爆発的に利益を出すハイパービジネス
リンク集
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法
最効率化ビジネス量産戦術
【NHKで放映】ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
普通預金 金利














































































ビジネスマナーガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。