ビジネスマナーガイド 

マナー<上流階級へのインビテーション>

社会人として当然知っていなければならない仕事の基本ルールを説明します。知っているようで知らないビジネスマナーを確認してください。

サイトマップ

接待する側の基本|接待のルール

負担をかけず、心から楽しんでもらう

仕事と接待とは深いつながりがあります。



日頃のお礼、売り込み、情報交換、ねぎらいなど、接待には様々な目的があります。

しかし、行きすぎた接待は色々な問題を引き起こします。

接待をする際には基本的なルールを覚えましょう。

接待の基本ルール

・相手を立てる

年上、年下に関係なく接待する相手を気持ちよく立てることが原則です。

自分より年下、肩書きも下の人を接待するとしてもあなたが下座に座るものです。

接待する時は年齢や身分の上下関係でなく、接待する側、される側で異なることを覚えておきましょう。

・相手に負担をかけさせない

経済的負担―こちらが招待した場合、接待する方が支払います。

深夜、タクシーで帰ることになったらこちらで車の手配をします。

精神的負担―接待は日頃からお世話になっているお礼や、人間関係を深めるためのものです。

あからさまに見返りを期待するような言動は逆効果を招くことになります。

肉体的負担―飲食接待で深夜まで何軒もハシゴするなど、相手にしつこく強制してはいけません。

仮に相手がまだ付き合いたいという様子でも、過度な飲食は翌日の仕事に響いてマイナスになってしまう事があります。

・時間、場所は相手の都合を聞いてから

接待の時間や場所は相手の都合を聞いたうえで決定しましょう。

打ち合わせの後に「今度、一杯いかがですか」「ゴルフでもどうですか」と誘い、相手が乗り気であれば具体的にセッティングをし、候補の日時を相手に伝えましょう。予約は相手のOKが出てから入れます。

・誠意を持って接する

大切なことは、接待する側の心がこもっているか、誠意を持っているかということです。

「接待される側」の立場から、ビジネスの一環として、または良い気分転換になるようにセッティングをしましょう。

・仕事を忘れない

接待は仕事ですから、仕事の話にまったく触れず、ただ飲んで食べて遊ぶだけではいけません。

仕事の話題とその他の話題をバランスよく散りばめながら、その場の雰囲気を盛り立てましょう。

・心から楽しんでもらう

食べ物、お酒の好み、趣味など、先方の好みを知っておけば気持ちよく楽しめる接待の場を設けることができます。
相手に心から楽しんでもらう接待が最高の接待になります。

・接待相手について知っておきたい点

@趣味・特技(相手に合わせて接待や話題の提供ができる)

A嗜好(食べ物、好きなお酒、タバコは吸うか)

B出身地・出身校(親しみやすく、話題が豊富になる)

C居住地(終電や見送りなど)

D家族構成(お土産を選ぶ参考に)

E持病(ゴルフやお酒が良くない場合など)

F主義・思想・宗教(相手が機嫌を悪くするような話題を避ける)

ワンランク上の人間力を習得するための海外マナー大全集
ビジネスマンのルール
職場のルール
仕事のルール
人間関係のルール
接待のルール
接待する側の基本
接待される側の基本
接待の断り方
飲食接待
席次
食事
パーティーの主催者側
パーティーに出席する時
ゴルフ接待
カラオケ接待
マージャン接待
アイデア接待
外国人の接待
贈りものを贈る側
贈りものを受け取る側
金銭支払い
領収書
ある商品で爆発的に利益を出すハイパービジネス
リンク集
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法
最効率化ビジネス量産戦術
【NHKで放映】ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
住宅ローン減税 シミュレーション




































































ビジネスマナーガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。