ビジネスマナーガイド 

マナー<上流階級へのインビテーション>

社会人として当然知っていなければならない仕事の基本ルールを説明します。知っているようで知らないビジネスマナーを確認してください。

サイトマップ

外部との接し方|人間関係のルール

顧客との関係は信用第一 ビジネスはギブ&テイク

顧客との接し方のルール

・お客様は神様



顧客は、会社運営のためには必ず存在する大切なものです。

会社が作った商品を購入してもらって、初めて会社の利益になりますし、健全な経営が可能になります。

「お客様は神様」という意識を常に持ちましょう。

・必要以上にこびへつらわない

顧客との関係は信用・信頼が基本です。

お客様が神様という意識を持つことは大切ですですが、必要以上にご機嫌をとろうとしたり、ペコペコしすぎたりというのは必要ありません。

こびへつらっても本当の信用がうまれないからです。

節度とケジメを持った態度で接しましょう。

・顧客の要望をつかむ

自社製品や会社のどこに不満を持っているのか、どんな商品が必要とされているのかなど、顧客の要望をつかんで初めて的確な対応をすることができます。

顧客の要望にこたえるには、自社製品について深く理解をすることと顧客にどのような需要があるのかを正確につかむ事が必要です。

取引先との接し方のルール

・下請け、親会社の上下関係をひけらかさない

下請けの人なら発注元に対して「仕事をいただいている」という意識や、逆の立場なら「仕事を与えている」という意識が多少なりともあるものです。

しかし、規模の大小ではなくあくまでもビジネス、下請けだからと言って卑屈になる必要もなければ、親会社だから権威をひけらかすような時代でもありません。

共存共栄、もちつもたれつの気持ちで付き合いましょう。

・講師の区別をきっちりつける

取引先とのつきあいは、プライベート(趣味が合うなど)な関係にまで発展することがあります。

しかし、親しくなればなるほど、けじめが必要です。

ビジネスはビジネス、プライベートはプライベートと自分の中でしっかりと境界線を作りましょう。


同業者との接し方のルール

・ギブ&テイク

同業者との付き合いはほとんどがビジネスの関係です。ギブ&テイクを意識しましょう。

特に情報に関しては自分が得るばかりではなく、相手にも必ず情報をお返しするように。

長い付き合いにはお互いに対等な関係を保つ事が必要です。

・企業秘密を話さない

情報といっても、企業内の秘密は外部に漏らしてはいけない義務があります。

つい口をすべらせてしまったとなれば、それが酒の勢いであったとしても信頼を落とし、取り返しのつかない人間関係になります。

同業者はビジネスの場においては常にライバルなのです。

・企業秘密を聞かない

自社の企業秘密を漏らさないのと同時に、相手の企業秘密も正当な手段以外では聞かないようにしましょう。

同業者と付き合う上で最低限守りたい、暗黙のルールです。

・付き合いをオープンにしすぎない

同業者はライバルですからその社員と付き合いがあると聞いて、良い顔をしない上司や先輩、同僚もいるでしょう。

誤解を招かないためにも、同業者との付き合いはなるべくオープンにしないことです。

ワンランク上の人間力を習得するための海外マナー大全集
ビジネスマンのルール
職場のルール
仕事のルール
人間関係のルール
話し方
自他の呼び方
敬語
会話の基本
人間関係の基本
初対面
同僚間
上司と部下
目上と目下
女性の上司との関係
男性社員と女性社員
セクシャルハラスメント
社内恋愛
好き嫌い
移動・転勤
外部との接し方
アフター5のつきあい
ホンネとタテマエ
個人間の金銭の貸し借り
おごり・おごられ
社員の身内との通話
慶事
弔事
人脈拡大の基本
勉強会・交流会
自己啓発
外国人とのつきあい方
外国人とのコミュニケーション
接待のルール
ある商品で爆発的に利益を出すハイパービジネス
リンク集
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法
最効率化ビジネス量産戦術
【NHKで放映】ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
金利 ネット
































































ビジネスマナーガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。