ビジネスマナーガイド 

マナー<上流階級へのインビテーション>

社会人として当然知っていなければならない仕事の基本ルールを説明します。知っているようで知らないビジネスマナーを確認してください。

サイトマップ

報告|仕事のルール

自分から報告して結論を先に述べる

進行状況の報告

・ミス・トラブル・問題点はただちに報告



ミスやトラブルが発生した時など、都合の悪い報告は出来れば切り出したくないもの。

しかし、そういう報告こそ優先してすべきものです。

傷が浅いうちならいくらでも対処できるからです。

・役割・現状を全体から把握

進行状況を報告するにあたって、全体の中で自分のしている仕事の役割や位置を把握することも必要です。

・スケジュールのチェック

役割や現状を理解したら仕事のフィニッシュまでどれくらいの時間が必要か、期日、納期までのスケジュールをチェックしなおして、客観的な進行状況を報告します。

・必要なら回数は多くなってもかまわない

報告は本当に必要なことだと考えたら相手がわずらわしいと思うくらい何回行ってもかまいません。

上司から見ても、あなたがどのような手順で仕事を進めているのか、仕事の進行・経過が分かれば適切なアドバイスや修正をすることもできますし、次の仕事の準備もできます。

結果・終了の報告

・一段落したらすぐ報告

まかされた仕事が一段落ついたら経過と結果を上司に報告しましょう。自分の作業が終わっても黙っていないこと。

終了の報告がないのは、仕事がまだ続いているということになります。

仕事にはスタートと終了の合図が必要です。

報告の6大ルール

@催促される前に自分から

資料の調査・収集、顧客名簿の提出など、一度まかされた仕事に関する経過は上司から催促される前に自分から積極的に報告しましょう。

Aそのつど報告する

ひとつの仕事につき、報告の回数は何回とは決まっていません。

トラブルが起きた時、ミスが生じた時は逐一報告したり相談したりする習慣をつけましょう。

これは、自分勝手な考えや独断で起きる、大きなミスを防ぐためです。

B報告は結論が先

口頭でも文書でも、結論から報告すること。

経過や原因の設営は結論の後にします。

C報告は短くまとめる

報告は主語と述語をはっきりさせましょう。一文一文を短く、簡潔にまとめます。

経過や原因の説明は結論の後にします。

D事実を述べる

口頭の場合でも、事実を伝えることが報告するときの基本です。

自分の推測や個人的な意見は上司から求められた時に述べること。

「〜です」「〜が不足しています」など、客観的な事実を正確に述べること。

意見や推測を述べる時は「私の意見ですが〜」という前置きを置き、それが推測であることをはっきりさせること。

E小さなことでも報告する

新しい情報が入った時、苦情電話を受けたが自分で処理した時など、どんな些細なことでも必ず報告すること。

ワンランク上の人間力を習得するための海外マナー大全集
ビジネスマンのルール
職場のルール
仕事のルール
仕事の進め方
ビジネス意識
チームワーク
命令・指示の受け方
報告
連絡
相談
トラブル発生時
断り方
伝言
電話の基本
電話のかけ方
電話の受け取り方
電話の取り次ぎ方
携帯電話
アポイントの取り方
外での待ち合わせ
アポイントの変更
訪問前
訪問
面談(訪問する側)
個人宅訪問
名刺交換
自己紹介
紹介
来客対応
来客案内・誘導
面談(訪問される側)
職場の席次
会議を主催する側
会議に参加する側
メモ
コピー
FAX
OA機器利用
パソコン・インターネット
電子メール
情報の基本
ビジネス文書の提出・受け取り
契約・印鑑・サイン
依頼
謝罪・お詫び
報告書・レポート
社内・社外文書
社交・儀礼文書
宛名書き
人間関係のルール
接待のルール
ある商品で爆発的に利益を出すハイパービジネス
リンク集
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法
最効率化ビジネス量産戦術
【NHKで放映】ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
金融機関 金利



































ビジネスマナーガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。