ビジネスマナーガイド 

マナー<上流階級へのインビテーション>

社会人として当然知っていなければならない仕事の基本ルールを説明します。知っているようで知らないビジネスマナーを確認してください。

サイトマップ

宛名書き|仕事のルール

社名は略さず、敬称のつけ方に注意

パソコンやワープロで顧客リストを作成し、シールに宛名をプリントアウトして封筒に貼ることもできます。



しかし、やはり心のこもった手書きもマスターしている方が良いでしょう。

封筒の表書き

@郵便番号は必ず入れます。

A住所は郵便番号の右端の枠に揃え、枠から一文字分空けた位置から書き始めます。

2行に渡る時は、町・村など区切りのあるところで改行します。番地や数字が分かれないように注意しましょう。

B会社名は正式名称で書くこと。

C宛名は、封筒の中央に大きく書きます。住所よりも一文字下げたところから書き出します。

D大切な書類は「○○在中」と朱書きするかゴム印を押しましょう。

敬称の付け方

・企業、部署、団体―「御中」(例:○○株式会社御中)

・職名―「殿」(例:人事課長殿)

・個人名―「様」(目上に「殿」はつけない)

・多数の同格の人―「各位」(例:株主各位)

封筒の裏書き

@郵便番号の欄が印刷されていれば、その上に住所・社名・氏名を書きましょう。

A郵便番号の欄が無い場合、中央の継ぎ目より右側に住所、左側には社名・部署名・氏名を書きます。

書き始めは中央よりもやや下から書き出しましょう。

B封をしたら「〆」「封」と書きます。

ハガキの表書き

@郵便番号・住所・宛名は封筒と同じ。

A差出人の住所・社名・氏名は切手の下におさまるよう。住所よりも氏名を大きく。

B郵便番号の未記入にも注意

往復はがき

往復はがきを出す場合、返信用の表書きにも返信先の住所・氏名を書き、宛名には「行」をつけましょう。

返信するときは「行」を消し、相手が会社や部署なら「御中」、個人宛なら「様」と書き直しましょう。

ワンランク上の人間力を習得するための海外マナー大全集
ビジネスマンのルール
職場のルール
仕事のルール
仕事の進め方
ビジネス意識
チームワーク
命令・指示の受け方
報告
連絡
相談
トラブル発生時
断り方
伝言
電話の基本
電話のかけ方
電話の受け取り方
電話の取り次ぎ方
携帯電話
アポイントの取り方
外での待ち合わせ
アポイントの変更
訪問前
訪問
面談(訪問する側)
個人宅訪問
名刺交換
自己紹介
紹介
来客対応
来客案内・誘導
面談(訪問される側)
職場の席次
会議を主催する側
会議に参加する側
メモ
コピー
FAX
OA機器利用
パソコン・インターネット
電子メール
情報の基本
ビジネス文書の提出・受け取り
契約・印鑑・サイン
依頼
謝罪・お詫び
報告書・レポート
社内・社外文書
社交・儀礼文書
宛名書き
人間関係のルール
接待のルール
ある商品で爆発的に利益を出すハイパービジネス
リンク集
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法
最効率化ビジネス量産戦術
【NHKで放映】ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
銀行 ローン カード











ビジネスマナーガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。