ビジネスマナーガイド 

マナー<上流階級へのインビテーション>

社会人として当然知っていなければならない仕事の基本ルールを説明します。知っているようで知らないビジネスマナーを確認してください。

サイトマップ

社内・社外文書|仕事のルール

基本の形式を踏まえ本文は簡潔にまとめる

社内文書の構成

社内文書には報告書、計画書、申請書、稟議書、通達などがあり、原則として一文書一用件、横書きで記入します。



@文書番号―文書番号がある時は右側の一番上に書きましょう。

A日付―文書を発信する日。作成日ではないので注意。

B宛名―部課宛なら「各位」「御中」、個人宛なら役職名「様」をつけ、個人名は書かない。

C発信者名―個人名ではなく、職名か所属部・課名を書く。

D件名―見出しを左右中央に書く。

E本文―全文は必要ないので趣旨を簡潔にまとめること。

F別記―日時、場所などは箇条書きで。

G連絡先―担当者名と内線番号を明記

H終わり―「以上」で締める。

Iその他―添付書類がある場合、書類の名称と枚数を記入

社外文書の構成

社外文書は契約書、注文書など社外宛の文書で、原則として一文書につき一用件で横書きします。

@文書番号―文書番号がある時、右側一番上に書く。

A日付―文書を発信する日。作成した日ではないので注意。

B宛名―社名は正式名称で書きましょう。複数の同格の人へは各位をつけましょう。

C発信者名―宛名より1行下げる。1行目から住所、2行目は社名、3行目は職名と名前を書く。

D件名―見出しを左右中央に書く。

E前文―以下、社外文書の例を書くので参照のこと。

F主文―改行、一字下げて「さて」など、転語から始める。

G末文―用件に合わせた結び文を書き、改行して結語をつける。

H別記―日時、場所などを箇条書きに。

I添付資料―名称と枚数を記入。
・社内文書の例
○○発○○号

平成○年○月○日

社員各位

総務部厚生課

社員旅行のお知らせ

本年度社員旅行を下記の通り開催しますので出欠名簿を作成し、厚生課に提出してください。

日時/11月23日〜24日(1泊2日)

集合/本社ロビー前 9時30分

行き先/K温泉と和紙の里

宿泊先/K温泉グランドホテル

実行委員会/前川(総務部)、伊藤(営業部)、鈴木(宣伝部)

総合問合先/総務部 前川俊哉

以上

・社外文書の例
○○発○○号

平成○年○月○日

株式会社A電気

営業部長 ○○ ○様

株式会社B商事

購買部 ○○ ○

注文書

拝啓 貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。

かねて当社よりご依頼申し上げておりました注文についての契約事項に関し、○月○日付貴営第35号による回答を了解いたしました。

よって下記の通りご注文いたします。

まずはご注文まで。

敬具

1.注文品/貴社新製品「〜号」

2.数量/50個入り1000箱

同封書類/別紙仕様書(第12号)1通

以上


ワンランク上の人間力を習得するための海外マナー大全集
ビジネスマンのルール
職場のルール
仕事のルール
仕事の進め方
ビジネス意識
チームワーク
命令・指示の受け方
報告
連絡
相談
トラブル発生時
断り方
伝言
電話の基本
電話のかけ方
電話の受け取り方
電話の取り次ぎ方
携帯電話
アポイントの取り方
外での待ち合わせ
アポイントの変更
訪問前
訪問
面談(訪問する側)
個人宅訪問
名刺交換
自己紹介
紹介
来客対応
来客案内・誘導
面談(訪問される側)
職場の席次
会議を主催する側
会議に参加する側
メモ
コピー
FAX
OA機器利用
パソコン・インターネット
電子メール
情報の基本
ビジネス文書の提出・受け取り
契約・印鑑・サイン
依頼
謝罪・お詫び
報告書・レポート
社内・社外文書
社交・儀礼文書
宛名書き
人間関係のルール
接待のルール
ある商品で爆発的に利益を出すハイパービジネス
リンク集
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法
最効率化ビジネス量産戦術
【NHKで放映】ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
過払い 金利













































































ビジネスマナーガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。