ビジネスマナーガイド 

マナー<上流階級へのインビテーション>

社会人として当然知っていなければならない仕事の基本ルールを説明します。知っているようで知らないビジネスマナーを確認してください。

サイトマップ

契約・印鑑・サイン|仕事のルール

熟読してから契約書に印鑑を押す

取引先や顧客と仕事の契約を結ぶ時は文書にします。書類は形として残るからです。



契約書には必ず印鑑やサインが必要です。

印鑑やサインをするということは

@書類にしっかり目を通したか

A書類の内容を確認・了承しました

という意味を表します。

逆に、どんな内容でも印鑑を押してしまえば契約が成り立ってしまいます。

十分配慮しましょう。

契約のルール

・重要な契約には必ず契約書を作る

口先だけで交わした約束も契約として成り立ちますが、取引を行うなどビジネス上の約束は必ず契約書を作成しなければなりません。

・勝手に判断せず上司に相談する

契約は、ビジネスにとって非常に重要なものです。必ず上司に相談や報告をすること。

・よく目を通し、疑問点は解消する

契約書にはしっかり目を通し、熟読しましょう。疑問点があれば必ず解消すること。

・契約書が数枚に渡る場合

契約書が2枚以上ある場合は、1枚目と2枚目、2枚目と3枚目という風に2枚ずつ書類を重ね、同じ印鑑で割り印をしましょう。

印鑑のルール

・指定の位置に真っ直ぐ押す

印鑑を押す場所は書類の上に指定されています。

また、印鑑を押すスペースが作られていることもあります。

指定の位置からはみ出さないように、印鑑の天地がひっくりかえらないように真っ直ぐ押しましょう。

印鑑は原則として朱肉を使います。

・保管には注意する

印鑑は、例え本人でなくても、印鑑の名前の人が書類内容を了承したということになります。

三文判の印鑑は別にして、個人の実印は会社に置かないように、もし置く必要があれば、必ず鍵のついている引き出しにしまいましょう。

自己管理はしっかりと。

・印鑑の種類を覚える

公印―社判(社名を記したゴム印)、住所判(住所を記したゴム印)、角印(社名を彫った印鑑)、銀行印(銀行に届け出た印鑑)など。

私印―認め印(三文判。通常のビジネスで使われる個人の印鑑)、デート印(日付が変えられるスタンプの印鑑)など。

インスタント・スタンプは個人印です。

・その他の印鑑を使う時

自筆でない文書、例えば社外文書をワープロで作成した時などは名前の横に印鑑を押しましょう。

サインのルール

・サインは一つに統一する

微妙に崩れてしまうのは仕方ありませんが、いつでも同じスタイルのサインになることが原則です。

サインは印鑑と同じ有効性を持っています。

ワンランク上の人間力を習得するための海外マナー大全集
ビジネスマンのルール
職場のルール
仕事のルール
仕事の進め方
ビジネス意識
チームワーク
命令・指示の受け方
報告
連絡
相談
トラブル発生時
断り方
伝言
電話の基本
電話のかけ方
電話の受け取り方
電話の取り次ぎ方
携帯電話
アポイントの取り方
外での待ち合わせ
アポイントの変更
訪問前
訪問
面談(訪問する側)
個人宅訪問
名刺交換
自己紹介
紹介
来客対応
来客案内・誘導
面談(訪問される側)
職場の席次
会議を主催する側
会議に参加する側
メモ
コピー
FAX
OA機器利用
パソコン・インターネット
電子メール
情報の基本
ビジネス文書の提出・受け取り
契約・印鑑・サイン
依頼
謝罪・お詫び
報告書・レポート
社内・社外文書
社交・儀礼文書
宛名書き
人間関係のルール
接待のルール
ある商品で爆発的に利益を出すハイパービジネス
リンク集
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法
最効率化ビジネス量産戦術
【NHKで放映】ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
投資信託 金利





































ビジネスマナーガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。