ビジネスマナーガイド 

マナー<上流階級へのインビテーション>

社会人として当然知っていなければならない仕事の基本ルールを説明します。知っているようで知らないビジネスマナーを確認してください。

サイトマップ

情報の基本|仕事のルール

伝える相手と時期と場所に注意する

情報の大前提

・情報はビジネスの武器



「A社とB社が合併する」「C社の新製品が非常に好調な売れ行きを見せている」「D社が今度大阪に支店を開く」など、企業に関する情報から「Aさんは○○が得意でプロ級の腕前を持っている」などといった個人的な情報まで世の中に氾濫する情報はすべてビジネスに結びつきます。

新しい情報を常にキャッチしようという意識、あるいは、良い発信基地になろうとする努力が必要です。

・確かな発信と正しい受信

情報が伝わる道は必ずしも1本ではありません。

いつ、どこで2本、3本と枝分かれし、クモの巣のように広がるか分かりません。

また、ひとつの情報が伝えられるうちに、いろいろと変色し、脚色されていきます。

もともとの情報とは意味の違うものや逆の意味に変わってしまうこともあります。

情報は、伝える人によってどのようにも変化し、成長する「生き物」であるという認識が必要です。

情報を発信する時

・情報を伝えていい相手かどうかを見る

例えば「社外秘」「極秘」の情報を社外に伝えなければならない時があります。

ライバル会社には漏れては困る情報ですが、自社の製品を作る下請けには情報を発信しなければならないからです。

情報を発信して良い相手かどうか、常に見極めるようにしましょう。

・発信する時期と場所を考える

情報を発信する時期によって情報の価値は変わります。

例えば、学生時代の友人と飲んでいた時に公表されていない新プロジェクトの話を友人にしたとします。

友人は自分とは関係ない業種で、話してもライバル会社には漏れないだろうと思って話したのですが、偶然隣に居合わせたビジネスマンがライバル会社の社員だったとしたらどうなるでしょうか。

ライバル会社からすれば良い情報をゲットしたことになります。

しかし、これがすでに公表されているプロジェクトであればその情報の価値は途端に低くなります。

情報を発信するのはビジネスシーンに限りません。

プライベートであっても情報を発信する時期や場所には十分な配慮が必要です。

・社内の噂に注意する

「口は禍のもと」「舌は禍の根」ということわざがあります。

社員食堂で食事をしながら「今度の人事異動で○○部長が異動になればいいのに。

いっそ、転勤してくれればいいのにな」と自分の思った事を述べただけなのに、周りに座っていた人からは「○○部長が転勤」という部分だけが聞こえ、噂として広がっていくこともあります。

社外だけでなく、社内でも注意が必要です。

情報を受けた時

・仕事に必要な情報は上司に報告する

取引先との打ち合わせの席上で、他社の情報が話題に上った時など、仕事に絡んだ情報はどんなに些細なものでも上司に報告しましょう。

意外なところで役に立つことがあります。

ワンランク上の人間力を習得するための海外マナー大全集
ビジネスマンのルール
職場のルール
仕事のルール
仕事の進め方
ビジネス意識
チームワーク
命令・指示の受け方
報告
連絡
相談
トラブル発生時
断り方
伝言
電話の基本
電話のかけ方
電話の受け取り方
電話の取り次ぎ方
携帯電話
アポイントの取り方
外での待ち合わせ
アポイントの変更
訪問前
訪問
面談(訪問する側)
個人宅訪問
名刺交換
自己紹介
紹介
来客対応
来客案内・誘導
面談(訪問される側)
職場の席次
会議を主催する側
会議に参加する側
メモ
コピー
FAX
OA機器利用
パソコン・インターネット
電子メール
情報の基本
ビジネス文書の提出・受け取り
契約・印鑑・サイン
依頼
謝罪・お詫び
報告書・レポート
社内・社外文書
社交・儀礼文書
宛名書き
人間関係のルール
接待のルール
ある商品で爆発的に利益を出すハイパービジネス
リンク集
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法
最効率化ビジネス量産戦術
【NHKで放映】ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
銀行 融資 金利



























ビジネスマナーガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。