ビジネスマナーガイド 

マナー<上流階級へのインビテーション>

社会人として当然知っていなければならない仕事の基本ルールを説明します。知っているようで知らないビジネスマナーを確認してください。

サイトマップ

休暇の取り方|職場のルール

事前に上司に伝え仕事との調整を図る

事前に分かっている場合

・休暇を取ることをすぐ上司に伝える



「休む日の1カ月前までに休暇の申請をすること」といわれるように、企業によっては休暇の届け出の期限が決まっているところもあります。

休暇を取ると決めたらまずは上司に口頭で伝えます。

・届け出文書を作成する

休暇届は決められた形式に従って作成します。

用紙がない場合は「だれがいつどういう理由で」休むのかという項目を書いて提出します。

・理由は簡潔に

文書上では理由を長々と書く必要はありません。

休暇を取る旨を上司に伝えたらきちんと説明すればよいでしょう。

・仕事の調整をはかる

休暇を取っても差し支えないよう、仕事のスケジュールを組み立てましょう。

長期休暇を取る場合

・仕事との調整をはかって休暇を考える

長期休暇を取る場合、休暇を優先させるのではなく、まず仕事のスケジュールに合わせて取ることを考えます。

休暇の日程を決まったらすぐに上司に報告すること。

ほかの仕事との兼ね合いがあるからです。

・連絡先を伝えておく

急用が入った時のために連絡先をあらかじめ知らせておきましょう。

■休暇は有給、欠勤は無給にもなる

休暇には日曜、祝祭日など定期的な休みの他に有給(休みの日に対しても給料が支払われる)の休みがあります。

有給休暇の日数は1年間に○日と各企業の就業規則で定められています。

休暇は社員全員に与えられた休みの権利となります。

一方、欠勤は休暇がなくなった場合に休むことで休んだ分は給料から差し引く企業もあります。

やむを得ず休むのですから、届け出文書には普通の休暇以上に理由を詳しく書かなければいけません。

ワンランク上の人間力を習得するための海外マナー大全集
ビジネスマンのルール
職場のルール
職場内のあいさつ
社内の人の呼び方
勤務時間中
出社
退社
遅刻・早退
ランチタイム
残業
自分の席を離れる時
YES・NO
会社の財産・私物
公私
社内の貸し借り
机の整理・整頓
資料・書類整理
身だしなみ
お茶
気分転換
喫煙
トイレ
廊下
エレベーター
人事異動
休暇の取り方
社内での届出
会社の行事
社内行事への参加・不参加
幹事
転職・退職
仕事のルール
人間関係のルール
接待のルール
ある商品で爆発的に利益を出すハイパービジネス
リンク集
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法
最効率化ビジネス量産戦術
【NHKで放映】ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
定期 金利 一覧































ビジネスマナーガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。