ビジネスマナーガイド 

マナー<上流階級へのインビテーション>

社会人として当然知っていなければならない仕事の基本ルールを説明します。知っているようで知らないビジネスマナーを確認してください。

サイトマップ

気分転換|職場のルール

仕事の能率アップが目的 周囲の邪魔をしない

仕事を効率良く進めるためにも、上手な「気分転換」を図り集中力を取り戻すことが大切です。



人間は同じ作業や姿勢を続けていると、脳の活動レベルが低下します。

集中力が散漫になったり、いいアイディアが浮かばなかったり、動き回って疲れた、という時は思い切って「気分転換」を図ったほうが仕事の効率も上がることがあります。

気分転換のタイミング

・昼休み

午後からの仕事を快調に進めるためにも絶好の気分転換タイムです。

・午後のティータイム

企業によっては、3時を目安に短い休憩時間を設けているところもあります。

・仕事の合間を見計らう

長時間パソコンでの作業をしていた、仕事に一区切りついた、面談が終わったなど、仕事の合間合間で気分転換の時間を作ります。

気分転換の方法

・身体を動かす

長時間同じ姿勢を続けていると血行が悪くなります。

そうすると、新鮮な血液と古い血液の循環が上手くいかずに脳も活発に動かなくなってしまいます。

そんな時は背伸びや屈伸、上半身を回す、歩き回るといったような方法で身体を動かしましょう。

それだけでも頭はスッキリするはずです。

・昼寝をする

睡眠は脳を働かせるために重要な休息です。

気分転換としての昼寝のポイントは15〜20分程度の短い時間にとどめることです。

昼休みにご飯を食べたら少し眠ると、夜まで眠気を感じずにバリバリ仕事ができるはずです。

・お茶を入れる

お茶を入れることも気分転換の一つです。

周囲の人にもお茶を入れてあげれば職場全体が気分転換の空気を帯び、職場全体で「がんばるぞ」という活気が生まれることもあります。

・今までと違う作業をする

今までの作業と違う作業をして、脳を使う場所を変えてあげるだけでも良いのです。

たとえば、誰かと会話する、お菓子を食べる、喫茶店でお茶を飲む、などがあります。

書類作成を中断して別の資料を読むという具合に違う仕事に取り組むだけでも良い気分転換になります。

気分転換のタブー

・周囲の邪魔になる

特に、仕事の合間にする気分転換は周囲で仕事をしている人の邪魔をしないように気をつけることが大切です。

急がしそうな人に話しかけたり、机で伏せていつまでも寝ていたりすると「何をやっているんだ」と周囲の人にイライラを感じさせてしまいます。場所や状況を考えて気分転換を図ることも必要です。

・いつまでも仕事に戻らない

気分転換はあくまでも仕事の能率を上げるためのものです。

頭がスッキリしたら仕事に戻りましょう。単なるサボリとは違うものだと覚えておきましょう。

ワンランク上の人間力を習得するための海外マナー大全集
ビジネスマンのルール
職場のルール
職場内のあいさつ
社内の人の呼び方
勤務時間中
出社
退社
遅刻・早退
ランチタイム
残業
自分の席を離れる時
YES・NO
会社の財産・私物
公私
社内の貸し借り
机の整理・整頓
資料・書類整理
身だしなみ
お茶
気分転換
喫煙
トイレ
廊下
エレベーター
人事異動
休暇の取り方
社内での届出
会社の行事
社内行事への参加・不参加
幹事
転職・退職
仕事のルール
人間関係のルール
接待のルール
ある商品で爆発的に利益を出すハイパービジネス
リンク集
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法
最効率化ビジネス量産戦術
【NHKで放映】ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
みずほ ローン


















































ビジネスマナーガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。