ビジネスマナーガイド 

マナー<上流階級へのインビテーション>

社会人として当然知っていなければならない仕事の基本ルールを説明します。知っているようで知らないビジネスマナーを確認してください。

サイトマップ

公私|職場のルール

職場では組織の一員

公と私の境界線を引く

・公私の大前提



ビジネスとプライベートなことは常に切り離して考えるという習慣を身につけることがプロフェッショナルになる第一歩です。

職場は仕事をする場所ですから就業時間中は会社組織の一員として働きます。

「公私混同」は「もの」だけでなく情報や意識の問題でもあります。

「公私混同」の一例をあげてみましょう。

会社の経費で個人のものを購入する

会社のものを家に持ち帰る

会社の電話を使用に使う

部外秘の情報を誰かれなしに話す

職場で仕事以外の話を延々としている

社内のことを平気でほかの会社の人に話す

他にも上司、先輩、同僚、後輩とのアフター5や休日につきあう、顧客、取引先との接待など、公私の区別が難しい場面も出てきますが、仕事は仕事と割り切ること。常にけじめを持つ意識が大切です。

・ミスと公私のけじめの関係

仕事上の事故や失敗は常につきまとうものです。

仕事で失敗をすれば注意をされるものです。

実害がないものでも会社に迷惑や損害を与えるのですからこれは当然のことです。

報告したくない、恥ずかしい、怒られたくないなどの自分の感情でミスを隠すことは、ある意味で「仕事と自分だけのこと」の区別ができていないと言えるかもしれません。

公(仕事)と私(感情)は割り切って考え、行動をしましょう。

ワンランク上の人間力を習得するための海外マナー大全集
ビジネスマンのルール
職場のルール
職場内のあいさつ
社内の人の呼び方
勤務時間中
出社
退社
遅刻・早退
ランチタイム
残業
自分の席を離れる時
YES・NO
会社の財産・私物
公私
社内の貸し借り
机の整理・整頓
資料・書類整理
身だしなみ
お茶
気分転換
喫煙
トイレ
廊下
エレベーター
人事異動
休暇の取り方
社内での届出
会社の行事
社内行事への参加・不参加
幹事
転職・退職
仕事のルール
人間関係のルール
接待のルール
ある商品で爆発的に利益を出すハイパービジネス
リンク集
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法
最効率化ビジネス量産戦術
【NHKで放映】ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
中古車 金利




















ビジネスマナーガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。