ビジネスマナーガイド 

マナー<上流階級へのインビテーション>

社会人として当然知っていなければならない仕事の基本ルールを説明します。知っているようで知らないビジネスマナーを確認してください。

サイトマップ

YES・NO|職場のルール

現在の状況を考えYESかNOかを判断する

ビジネスマンのYES・NO

依頼された仕事を引き受けるか・断るか、期日までにできるかできないか、商品は発送済みかどうか、ビジネスにおいては様々な「YESかNOか」があります。



この返事がはっきりしないと、仕事はうまく進行しません。

YESかNOかの判断(選択)と、返事をするにはその用件に付随する状況を的確に把握していなければなりません。

YES・NOのルール

・自分が判断すべき内容かどうか

仕事には、YES・NOの判断を迫られることがよくあります。

まず、自分がYES・NOの判断を下すべき責任ある立場かどうかを考えてみましょう。

状況によって、あなたの判断が必要な場合もありますが、なんでもかんでも自分が決定しなければいけないと焦ってしまうことは禁物です。

・わからない時は返事を保留し上司に相談

不安な時、困った時、一人でYES・NOの判断をできない場合は必ず上司と相談すること。

その場しのぎの返事は絶対にしてはいけません。

決断を迫られた時も、一度はその返事を保留し、すぐに上司と相談するようにしましょう。

・YES・NOの返事は早くする

円や株の取引などでは一瞬の迷いから何千万円という損失を招いたり、反対に利益を生んだりします。
他の仕事でも同じことがいえます。

実行したかしていないか、できるかできないかなど、YES・NOの答えを早く出し、関係者に伝える必要があります。

・正しい判断にはキャリアが必要

YES・NOを正しく判断するには仕事や状況を正しく読み取る目、すなわち経験が必要になってきます。

間違った判断によって、後々の仕事の内容や進行にも影響してしまいます。

・YESの返事には責任を持つ

一度YESと返事をしたことは最後まで責任を持ってやり遂げるようにしましょう。

・NOの言い方にも工夫が必要

YES・NOの判断をする時、継続的なビジネスの1シーンである場合もあります。

その場合、NOの返事をする時は、次のYESに繋げる気持ちを大切にしましょう。

「いろいろと検討しました結果〜」「努力してみましたが、今回は残念ながら〜」というように、こちらでも手を打ってみたという姿勢を伝えることが大切です。

同時に「ここまでならできる」という風に責任の範囲を示すことも必要です。

最後には「また何かありましたら、是非お願いいたします」という気持ちを忘れないようにしましょう。

・NOと言われたら

自分が判断を下す側ではなく、逆に判断を下される側に居る時、取引先や上司から「NO」と言われたら、その時は必ず次のことを実行することが大切です。

■どうしてNOになったのか、その理由を尋ねる

■どうすればYESになるか、その余地はあるのか尋ねる

■もう一度、チャレンジさせてもらう機会をもらう

■どうしても「NO」という場合は、次回の仕事につながるような繋ぎをする

ワンランク上の人間力を習得するための海外マナー大全集
ビジネスマンのルール
職場のルール
職場内のあいさつ
社内の人の呼び方
勤務時間中
出社
退社
遅刻・早退
ランチタイム
残業
自分の席を離れる時
YES・NO
会社の財産・私物
公私
社内の貸し借り
机の整理・整頓
資料・書類整理
身だしなみ
お茶
気分転換
喫煙
トイレ
廊下
エレベーター
人事異動
休暇の取り方
社内での届出
会社の行事
社内行事への参加・不参加
幹事
転職・退職
仕事のルール
人間関係のルール
接待のルール
ある商品で爆発的に利益を出すハイパービジネス
リンク集
【試験に役立つ左脳型速読術】 受験、ビジネスシーン、さらには英語の速読にも具体的に対応する速読法
最効率化ビジネス量産戦術
【NHKで放映】ライバル不在の市場で売りまくる!輸入ビジネス 安藤塾

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
ローン 融資



















































ビジネスマナーガイド All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。